仲介手数料はなぜ無料にできる?

仲介手数料無料はお得?

賃貸の仲介手数料について

まず、仲介手数料とは、不動産仲介業者に支払うお金のことです。
不動産仲介業者というと少し分かりづらいかもしれませんが、一般的に「不動産屋さん」と言われるものです。
賃貸であっても売買であっても、不動産会社は契約までに、条件にあったお部屋探しや、内覧、審査、必要書類の準備など、それ相応の手間がかかります。
この手間に対して発生する費用が仲介手数料です。
仲介手数料は契約時に初めて発生するもので、物件探しや内覧の段階で請求されることはありません。
物件選びから契約までのプロセスに対して支払う費用ですので、お部屋を決めるまでは遠慮なくサポートしてもらえますね。

また、賃貸の場合も、売買の場合も仲介手数料は発生します。
しかし、いずれも上限が定められていますので、多額の仲介手数料を請求されることはありません。
賃貸であれば、1カ月分の家賃+消費税が上限と宅建業法で定められています。
売買の場は、売買金額×3%+6万円+消費税が上限となります。
定められているのは上限のみであるため、家賃10万円の賃貸物件であれば、5万円の仲介手数料であっても問題はありません。
売買の場合も3000万円の部件であれば、10万円の仲介手数料で済む場合もあり得る、ということです。
上限金額こそ定められていますが、不動産会社が手数料を半額にも無料にも設定ができることになります。
実際、コスト削減などの企業努力により、仲介手数料を半額や無料にするなど、借り手、買い手にはうれしい施策をしている不動産会社が増えています。

TOPへ戻る